HOME>愛知登文会とは

会長挨拶

 私たちの廻りには残したい風景の一つである建物がたくさんありますが、様々な原因で消えつつあります。文化庁が平成8年に登録文化財の制度を作ってから16年経過しましたが、平成24年10月1日現在で登録数が全国で8,981件となり、愛知県は356件で全国では7番目になります。登録はされたものの、古い建物を良好な状態で維持することは、維持費を始め、大変困難な状況で、悩みを抱えている状況であります。
 かねてから文化庁、愛知県教育委員会からも示唆があり、平成22年3月に愛知県登録文化財所有者の会設立準備会が開かれ、23年6月26日には設立総会が開催され、設立の運びとなりました。
 文化庁の補助事業を受けることによって、立ち揚げ初年度から、大きな事業を実施することが出来ました。この事業は計画では3 ヶ年の継続事業で実施し、その後は各団体が自立して実施することが望まれています。そのためには今後、文化財所有者の方々の参加や文化庁、愛知県、市町村そして民間企業のご支援、ご指導を必要としており、お願いする次第です。何卒、よろしくお願い申し上げます。




愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会
会長 長谷川良夫




会の目的

◆ 国登録有形文化財建造物(以下登録文化財と呼ぶ)の保存と活用に係わる活動を行い、会員のみならず、広く、県民の文化的資質の向上を扶け、日本の伝統文化の顕彰及び保存のための活動を行う。

◆ 会員相互の親睦と登録文化財に関する情報交換を図り、県民との交流に努める。

◆ 全国の登録文化財所有者、国や自治体とも連携を図り、登録文化財の地位の向上と啓蒙に努める


1.理事 10名 (平成28年度)

役員名 文化財名称等 所在地
理事長(会長) 長谷川良夫 犬山城下町を守る会会長 犬山市
副会長 佐地秀明 名古屋陶磁器会館名古屋市
副会長 小栗宏次 小栗家住宅主屋ほか 半田市
  天野啓介 大野宿鳳来館本館ほか 新城市
  石川新太郎 明治村・第八高等学校正門ほか 犬山市
  筧清澄 筧家住宅主屋 名古屋市
  柴田正康 柴田家住宅主屋 清須市
  清水勝之 岡崎信用金庫資料館 岡崎市
  若山宏 名古屋テレビ塔 名古屋市
事務局長 松井三希子 名古屋陶磁器会館 名古屋市

2.監事 2名

近藤佳世 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室
久野恭裕 CRAFIS総合会計事務所

3.相談役 5名

瀬口哲夫 名古屋市立大学名誉教授
杉野丞 愛知工業大学建築学科教授
小川芳範 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室長補佐
井澤知旦 名古屋学院大学経済学部教授
牧謙治 愛知県立一宮高等学校教頭

愛知登文会